中原中也に関する覚書「長谷川泰子という女性」;中原中也2

 2007・2筆記  長谷川泰子。中也の熱烈な信者でこの女性の名を知らない者はい...

» 続きを読む

「哀しみばかりを語るんじゃないよ。……」;宮沢賢治

 2006・9筆記  「哀しみばかりを語るんじゃないよ。苦しみばかりを語るんじゃ...

» 続きを読む

ひとり、三島を想う時;三島由紀夫

 2005・5筆記  三島由紀夫が、読まれている。生誕・80年、自決して30年、...

» 続きを読む

いまとなっては忘れようにも忘れられようか・我が父が愛した童話作家;椋鳩十 

 父が座した胡坐に腰掛けて父の朗読する童話に聞き入っていた、幼かった頃の私。最早...

» 続きを読む

ゆらりとよろめいているということ;堀辰雄

 2006・1筆記  懐かしい想い出を手繰り寄せるかのように、忘れかけた頃にめく...

» 続きを読む

おまえは何をしてきたのだと-僕の中の中原中也;中原中也 

   2005・5筆記  中也はいまだに僕に呟いてきます。 ...

» 続きを読む

踏み留まらない、恒にその先へ;松本清張

 2006・9筆記  昭和文壇史上、一際異彩を放つ作家と申せば私の中では松本清張...

» 続きを読む

霞(かすみ)に煙る森鴎外の碑;森鴎外

 2005・11筆記「我が覚書より」  10代の頃であろうか、森鴎外の墓に参じた...

» 続きを読む

青春の色香。上着の懐にはいつでもこの詩人の詩集が……;アルチュール・ランボー 

 2006・3筆記  【ある雑感・わたしの懐かしいひとに寄す】  私は、このひと...

» 続きを読む

女体に美を絡めるということ;吉行淳之介

 2007・5筆記  学生時分、思いだすことなど。学科の文学青年仲間で定期的に、...

» 続きを読む

«人間の至上を謳う、我が若き日の道標;ヘルマン・ヘッセ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ